【修羅場】夫「パパママに孫を抱かせてあげたい!よし!嫁子が寝てる間に連れてっちゃえ~w」→翌日、愛しい娘は点滴まみれに・・夫「なんで?そんなの聞いてないよ」

17回再生 2020/9/23
0 0 保存 クレーム
  • 後で見る
X
  • 登録後に使用してください
X
  • フィードバック完成
広告
+ Expandir - Retirar
次はプレイ
ユーザーレビュー
  • Ralisa0913

    2話目、元旦那子供に愛情は全くなかったのかな? 家事は苦手でも子供の世話くらいできるだろうに。

    + Expandir - Retirar
  • 近藤敏之

    両親に会わせたいなら呼ぶなり迎えに行くなりすれば良いだけなのに。

    + Expandir - Retirar
  • 可燃ゴミは火曜日収集

    1本目も2本目も、ダメ旦那が叩かれる話だけど、世の中こんな「知らなかったばっかりに親父」や「構ってちゃんの浮気男」ばかりじゃないのにねぇ。 立て続けだとまっとうな旦那さん達が気の毒になってきたわ😅

    + Expandir - Retirar
  • 奥山浩司

    1話目の夫は、マザコンと見受けられますね…。妻の体調よりも、自分自身を優先させている。自分自身がこんなに両親の欲望を満足させている親孝行だ、これで両親は喜び、いつでも代わりに子育てしてくれるという甘い考えしか持っていないことがわかります。 二話目は、『子どもにきょうだいを持たせるならば、親も子もそれぞれ持たねばならない義務を覚悟して、責任を持ってしろ❗️甘い考えで子ども2人以上持たせてはいけない!』ことを確信できました❗️ 「一人っ子はかわいそうだから、二人目がほしい」と望んだくせに、妻を裏切って浮気するならば、始めから、子は一人だけ、すなわち、一人っ子にしろ❗️ 一人っ子のどこがかわいそうなんだ❓️私は、むしろ、きょうだい持ちのほうがかわいそうに思いますね! なぜなら、以下の7つのことが例に挙げられますから。 ①子どもの数に比例してかかる、あらゆる費用を払わねばならない覚悟と義務。 ②きょうだいゲンカを鎮める覚悟と義務。 ③よその一人っ子に対して差別、偏見、嫌みを絶対に口にしないようにしつける義務。 ④きょうだいを皆、公平に育てる覚悟と義務。えこひいきを絶対にしないで、育てる覚悟と義務。 ⑤きょうだいのうちの一人に結婚する者が出始めたら起きる、小舅・小姑との問題が起きないようにする覚悟と義務。 ⑥両親が要介護状態の際に、きょうだいのうちの一人にだけ、介護の負担がかかる「シングル介護状態」の問題が起きないようにする覚悟と義務。 ⑦両親の二次相続発生後に、きょうだいたちが親からの遺産の分け前をめぐって争う遺産相続トラブル、いわゆる、『骨肉の争い』が起きないように、生前から対策をとらないといけない覚悟と義務。 「うちには、分けるほど、財産そんなにないからもめないだろう。」とか、「親の死後に、子どもたちがなんとか分けてくれるだろうよ。きょうだい仲が良いから。」とか、「うちの子どもたちに限って、そんなものは起きない」という甘い考えは捨てるほうが、子孫のためになります‼️ 私が、自分自身が将来の結婚後に、子どもは性別不問で代々一人っ子(私も一人っ子です)にする家族計画(『家庭代々性別不問一人っ子主義』←中国のかつての『一人っ子政策』ではありませんよ。)をもつのは、以下のきょうだいをもつことについての7つの疑問がどうしても、解ろうとしても解らないし、きょうだいを持たせた後の責任がとれないからです。 ① 「子どもは2人以上持たせれば、老後の面倒をみてもらえる」ならば、「シングル介護問題」は起きないはずである。何故起きるのか? ②「子どもが多ければ、順番に下の子の面倒をみてくれるだろうし、楽だ」それならば、『お兄さん(お姉さん)なのだから、我慢しなさい!』とか、『下の子だから、かわいい』などのえこひいきがよくあるのがわからない。何故だ? ③「子どもが多ければ、年頃になれば親に相談できないことを相談できる相手になってくれるだろうし、親がともに死んだ後はきょうだい同士で話し相手になれるから楽だ」それならば、なぜ、思春期になれば兄弟姉妹間の足の引っ張りあい、親の死後には、親からの遺産をめぐる争いが起きるのか? ④「きょうだいがいれば、それぞれ監視しあえて、守ってもらえる」ならば、足の引っ張りあいで、きょうだいそれぞれの婚約者の奪い合いがあるのは何故なのか? ⑤「きょうだいがいれば、分けあうということを知ることができる」ならば、きょうだいがいながら、なぜ親からの遺産相続におけるトラブル、いわゆる、『骨肉の争い』が起きるのか?きょうだいゲンカがよいというならば、そのケンカなんて子どものケンカに過ぎないというならば、そんなものは起きないはずである❗️ ⑥「きょうだいが多ければ、家族でスポーツチームを作れて良いし、楽しいから」ならば、私のような障がい者でスポーツ嫌いな家族がいれば、足並みが揃わなくなるし、それが楽しめない家族ができることが何故考えられないのか? ⑦「きょうだいがいれば、人手が足りる」ならば、現代は、AI(人工知能)が開発されている時代である。それから見れば、失われるかもしれない仕事も多い。きょうだいを多く持たせると、きょうだいの中に失業者が出れば、今の8050問題という引きこもりの問題が解決しにくくなる恐れが濃厚になる。それでも、「子どもは少なくとも3人いるほうがいい」という意味が全然わからない。少子高齢化が理由としても、上記のAIの理由で納得できない。その社会現象以外の理由で私が納得できる理由はあるのか? いずれにしても、上記の7つの理由は『~してもらえる』という考えからきているため、私には、「きょうだいがいたら良い」という言い分は、甘すぎる自己中心的な考えに過ぎないとしか思えない❗️ 持ちたい子や持たせたい大人が、『きょうだいをもつとどんな風にたいへん』なのかをわかった上で、責任を持って、それぞれ「子どもは一人っ子にすれば、よかった…。」という後悔はできないことを覚悟して、きょうだいを持つ、持たせる方が大事です❗️ とかく、この世はきょうだいを持ちにくい…。

    + Expandir - Retirar